卒アルの写真撮影!動きの激しいものを撮る時のカメラの使い方!


卒園アルバムや卒業アルバム用の写真をカメラマンに依頼することもありますが、
すべての写真をカメラマンに・・・というのは現実的ではありませんね。
そこで自分たちでもいい写真を撮りたい!という声が多いです。

 

そんなわけでこれからはカメラの設定や写真の撮り方も紹介していきたいと思います。

 

動きの激しいものを撮るならスポーツモード!

o0640048012666949690

デジタルカメラを買ったら、大体のカメラにはこのように「シーンモード」のようなものがあります。
これは、シーンに合わせた設定をカメラが勝手にやってくれるというものです。

今回は動きの激しいものを撮りたいので「スポーツモード」を選択してみましょう。

 

スポーツモードで撮ろう!
o0640048012666949689

これはOLYMPUSのカメラですがたのカメラでもスポーツモードは入っていることがとても多いです。

さて、スポーツモードにしたら後は撮るだけです!

 

ただし、スポーツモードには注意点があります。
それは、周りが明るくないと写真が暗くなったり、ノイズが乗ったりするということです。

ですのでスポーツモードを使う時は奥内よりも屋外、日中に撮るようにしましょう!

 

撮影のポーズはガッシリと安定感のあるポーズで!

撮影時は脇を閉めて膝立ちくらいでカメラが動かないようにして撮りましょう。
しっかりと脇を閉めないと写したい範囲がズレたり、手ブレしたりします。

 

1枚ではなく連写で逃さない!

写真は1枚だけ撮ると、ボケたりしてることがあります。
ですから連写で複数枚撮っておけばもし1枚が失敗していても前後の写真がちゃんと撮れてれば大丈夫!
特に動きのあるものをとる時は連写で撮りたいですね。

 

まとめ

動きのあるものを撮影する方法と設定。どうでしたか?
ブレたりボケたりはこれで軽減されると思います。
いっぱい撮影して卒あるに載せましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner-onlineshoo blog%e7%94%a8 sotuen-banner sotugyo-banner

関連記事

ピックアップ記事

  1. 56_alpedia_手書きタイトル-01
    制作ソフトでは使える素材は限られてきます。 特にタイトル素材などの文字素材は学校や園によっ…
  2. 45_alpedia_並製本の仕様-01
    卒園アルバムや卒業アルバムの製本にはいくつか種類があります。 中でも大きく材質などが変わる…
  3. 44_alpedia_マスキングテープ-01
    データで卒園・卒業アルバムを作るときに使えるマスキングテープ素材を自分で作る方法をご紹介しま…

カテゴリー

ページ上部へ戻る