気をつけたいスマホカメラの注意点!


最近のスマホの性能は今やコンパクトデジタルカメラと比べても遜色のない様な物になりました。
代表的なスマホ、iPhoneはカメラアプリが高性能なので奇麗に撮れます。
はがきサイズに印刷するだけであれば十分なサイズ(画素数)です。

でも、最近スマホでとった写真なのに印刷すると粗くなっちゃうという問題が発生しています。

 

実は問題はカメラではなくアプリだった!?

様々な機能がついたカメラアプリやトイカメラのアプリがありますよね。
このカメラアプリの中にはインターネット上のブログやTwitterに
アップする事を目的になっている事があるので、圧縮されてます。
例として比較写真を作ってみましたのでご覧ください。
印刷した時の圧縮した写真としてない写真の比較

 

o0400030012621814061

純正のカメラアプリを使って撮った写真を印刷するとこんな感じになるとします。
十分な大きさの写真なので奇麗に印刷出来ますo(^-^)o

 

o0400030012621814060

次に圧縮されるカメラアプリやLINEで圧縮して送ったものを印刷してみるとこんな風になります。
どうですか?

かなりボケているというか奇麗ではありませんよね(ノ_-。)

 

小さい写真を印刷すると、ビヨーンと伸ばされてしまいます。

結果、ボケたような写真になってしまうのです。

 

こうならない為にも印刷するかもしれない写真は純正のカメラアプリ(最初から使えるやつ)を使って撮るようにしましょう。
圧縮されてるかどうか確認出来る人は確認してから撮りましょう!!!

カメラについてもわかったので、いざ写真を撮って撮ってとりまくりましょう。

 

※今回はiPhoneを例に出しましたが、800万画素以上であれば他のスマホでも問題ありません。

※A4サイズ、A3サイズなど大きい写真として印刷する場合は
もっと高画質のカメラを使う様にしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner-onlineshoo blog%e7%94%a8 sotuen-banner sotugyo-banner

関連記事

ピックアップ記事

  1. 56_alpedia_手書きタイトル-01
    制作ソフトでは使える素材は限られてきます。 特にタイトル素材などの文字素材は学校や園によっ…
  2. 45_alpedia_並製本の仕様-01
    卒園アルバムや卒業アルバムの製本にはいくつか種類があります。 中でも大きく材質などが変わる…
  3. 44_alpedia_マスキングテープ-01
    データで卒園・卒業アルバムを作るときに使えるマスキングテープ素材を自分で作る方法をご紹介しま…

カテゴリー

ページ上部へ戻る