動きのある写真を使って賑やかなページにするアイデア


o0644045911977625056

 

整列された写真も入れてメリハリをつけよう

全部を動きのある写真にしてしまうと、目につく写真という物が無くなってしまいます。
せっかく卒園アルバムを作っているのに目につかなかったり埋もれてしまうのはもったいないので、
全体が際立つようなデザインの仕方を紹介します。
今回のポイントになるのは、
きっちりと整列された写真の部分を入れる事です。
一部にキッチリと整列してあげることで、整列された部分だけではなく、
動きのある部分もしっかりと際立つようになってきます。
バラバラの写真の中に整列した写真を入れて1枚1枚に目が行くようにしてあげましょう。

 

彩を加えてかわいくカラフルに!

見本は背景にピンク色を一面に貼り付けてかわいさと統一感がでています。
色画用紙をいろんな柄のクラフトパンチで切り抜いたものを貼り付けたり、
文字を入れていたりもしていてとっても彩りのあるデザインになっています。

このように動きのある写真とキッチリ整列された写真を組み合わせて使うという
アイデアもありますので手作り卒園アルバムにとりいれてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner-onlineshoo blog%e7%94%a8 sotuen-banner sotugyo-banner

関連記事

ピックアップ記事

  1. 56_alpedia_手書きタイトル-01
    制作ソフトでは使える素材は限られてきます。 特にタイトル素材などの文字素材は学校や園によっ…
  2. 45_alpedia_並製本の仕様-01
    卒園アルバムや卒業アルバムの製本にはいくつか種類があります。 中でも大きく材質などが変わる…
  3. 44_alpedia_マスキングテープ-01
    データで卒園・卒業アルバムを作るときに使えるマスキングテープ素材を自分で作る方法をご紹介しま…

カテゴリー

ページ上部へ戻る