石材について

庵治石は花崗岩(かこうがん)に分類され、主成分が石英と長石で、少量の黒雲母と角閃石が含まれています。
庵治石は、花崗岩のなかでも最高級とされ、別名「花崗岩のダイヤモンド」と言われています。
また、吸水率が非常に低いため風化しにくく、水晶と同じ7度という硬さで、構成鉱物の結晶が小さく、 結合が緻密のため、他の花岩とくらべて硬いのが特徴です。
彫刻された文字も200年はそのままの状態を保つといわれています。
庵治石はこのように硬度と斑紋の美しさにおいて希少価値として世界でも評価されています。

御影石という名前は、兵庫県六甲山麓の御影地方からが産地として有名だったことから、 花崗岩(かこうがん)の総称として用いられるようになりました。
 石英・雲母・長石などから成る深成岩で完晶質・等粒状、色は純白ないし淡灰色です。
 花崗岩のなかでも高級感と存在感のもっともあるのが黒御影です。
 吸水率が低く、風化や錆に強いため傷が付きにくく、変色も起こりにくいので品質の優れた石として 重宝されています。
 全体が黒色のため、表面を磨くと艶がでて、どっしりとした重量感のあるものになります。

手合わせ石ができるまで