自分史製作で知らないと損する上製本と並製本|自分史作成講座

自分史アルバム

自分史作成講座 自分史の豆知識

自分史製作で知らないと損する上製本と並製本

自分史製作で知らないと損する上製本と並製本

上製本と並製本の違い

上製本と並製本の違いは表紙です。
表紙にどんな紙を使うかで変わります。

それぞれに特徴があるので作りたい自分史・偉人伝に合うものを選びましょう。

 

上製本(ハードカバー)

上製本(ハードカバー)

ボール紙などの厚紙を使っているのが上製本(ハードカバー)です。

特徴として固く丈夫です。

丈夫なので上からレザーや布を貼り付けて箔を押したりすることもでき、表紙の見た目として幅広い洗濯しがあるのも特徴です。

卒業アルバムや図鑑、絵本などでよく使われます。

自分史・偉人伝でも特にアルバムタイプではこちらがオススメ。

 

並製本(ソフトカバー)

並製本(ソフトカバー)

表紙と同じ大きさと厚さ(少し厚い場合もある)の紙を使うのが並製本(ソフトカバー)です。

特徴としては薄く軽いことと安価に仕上げれるところ。

しかし簡単に折れたり破れたり、シワになったりするため長期間の保存には向いていません。
ページ数が少ないと2,3度開くと曲がってシワになることも多いです。

雑誌や文庫本、パンフレット冊子など、配布物や長期間保存を考えられていないものによく使われています。

自分史・偉人伝では小説のようなページ数の多い読み物タイプであればこちらがおすすめです。

何かお困りですか?

閉じるボタン

夢ふぉとが運営する
”1冊のおもいで出版”では、
自分史(自伝・自叙伝)、社史・記念誌、
写真集、絵本など様々な本が作成できます。
こんな本が作りたいけど迷っている、
そんな時は一度ご相談下さいませ。