自分史・偉人伝の本・アルバムに関する用語|自分史作成講座

自分史アルバム

自分史作成講座 自分史の豆知識

自分史・偉人伝の本・アルバムに関する用語

自分史・偉人伝の本・アルバムに関する用語

自分史や偉人伝を作る時に出てくる本・アルバムに関する用語。
ここではそんな用語を解説していきます。

装丁(そうてい)

本の見た目のことです。表紙やカバーを含めた全体の見た目のことを装丁といいます。
ですのでこの言葉が出てきても焦らなくても大丈夫です。
カバーや表紙、デザインを一つずつ決めていけば自然と装丁は完成します。

ハードカバー(上製本)

ボール紙などの固くて丈夫な厚紙を使用した表紙タイプのことをハードカバー(上製本)と言います。
昔ながらの卒業アルバムや図鑑などに使われているのがこのハードカバータイプです。
本文用紙の折れ曲がり防止にもなり、自分史・偉人伝が丈夫で長持ちします。

ソフトカバー(並製本)

ハードカバーは厚紙を使っていましたがソフトカバーでは本文と同じか少しだけ厚い紙を使用します。

雑誌や文庫本、パンフレット冊子などに使われています。

ハードカバーに比べると軽くて薄く、安価に作れるという特徴があります。
その反面、紙が曲がりやすく破れやすいので大事なものを印刷する場合にはおすすめできません。

貼り合わせ製本(観音・図面・背貼り製本)

本文用紙を2枚の少し厚い紙を貼り合わせて製本のことを「貼り合わせ製本」といいます。
(他にも観音製本・図面製本・背貼り製本などの呼び方があります。)

絵本や昔ながらの卒業アルバムなどで使われてきた製本方法です。

本文用紙を2枚貼り合わせることで通常より丈夫に仕上げることができ、本を開いたときに中心が曲がることがなくほぼ水平まで開くことができるのが特徴です。

ハードカバー(上製本)と合わせることでより丈夫で長持ちな一冊になります。

製本

製本というのは、本文用紙に表紙などをつけて本の形にすることです。

上製本というのはハードカバーを使った製本ということになります。
他にも特別な材料や方法を使う場合にも◯◯製本と呼びます。

右綴じ

表紙の右側を綴じることを「右綴じ」といいます。

本文が縦書きの場合は右綴じとなります。

左綴じ

表紙の左側を綴じることを「左綴じ」といいます。

本文が横書きの場合に左綴じを使います。

扉ページ

本文の1ページ目と2ページ目、内容の前に差し込むページのことです。
本の入り口(扉)という意味で扉ページと言います。

主に著者の情報や本のタイトル・副タイトルなどが印刷されます。

奥付

本文終了後や巻末にある著者名や発行者(所)・発行年月日などを印刷した部分を奥付といいます。

市販の書籍のほとんどについているので一度手持ちの書籍を確認してみるとわかりやすいでしょう。

他にもいろいろある本・アルバムに関する用語

ここで紹介したものは自分史・偉人伝製作でよく使われる用語です。
特に装丁は予算にも大きく関わってくる部分ですのでしっかりと決めておきたいですね。

何かお困りですか?

閉じるボタン

夢ふぉとが運営する
”1冊のおもいで出版”では、
自分史(自伝・自叙伝)、社史・記念誌、
写真集、絵本など様々な本が作成できます。
こんな本が作りたいけど迷っている、
そんな時は一度ご相談下さいませ。