プレス

コロナ禍で卒業アルバム制作困難な小学校中学校特別支援学校10校へ 【卒業アルバムの無償制作が決定】 2021年3月にお届け

〜コロナ禍だからこそ最高の卒業アルバムをお届けしたい〜
全国・海外の卒園卒業アルバムを制作している株式会社夢ふぉとは、コロナ禍で行事が中止及び縮小開催となり、写真が集まらず卒業アルバムの制作が困難な全国の小学校中学校特別支援学校へ、日常での学校生活の写真が撮影できるようにコンパクトデジタルカメラを寄贈し、生徒や教職員の方々が自ら撮影されました写真を使い卒業アルバムを無償制作致します。2021年3月に印刷製本された卒業アルバムをお届け致します。

株式会社夢ふぉと(会社所在地:大阪市中央区 代表:林さゆり)では、2020年11月13日~11月30日の間に「思い出づくりプロジェクト第2弾」と称し、卒業アルバムの無償制作を行う企画を日本全国の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校へ告知し、希望を募っておりました。

日本全国の学校から、約100校もの学校からの応募が集まり、抽選の結果10校の学校へ卒業アルバムの無償制作が決定致しました。

当選されました学校には2020年12月4日にコンパクトデジタルカメラをクラスに1台寄贈し、生徒や教職員の皆様が学校での日常や授業の光景を撮影され、卒業アルバムは2021年3月にお届けを致します。

今後も当社は、子供たちの思い出づくりに貢献すべく「思い出づくりプロジェクト」を継続して実施してまいります。

<卒業アルバム無償提供ご当選学校とご応募いただいた際のコメント>
朝来市立竹田小学校 (兵庫県)
今年はコロナ禍で様々な行事が縮小されています。修学旅行が日帰り、運動会は無観客開催など。だからこそ子供達には例年とちがう喜びをつくってあげたいと思いましたので応募させていただきました。
香取市立香取中学校 (千葉県)
今年度は学校のスタートも遅れ、ことごとく学校行事もなくなり生徒たちの思い出に残るものが作れていません。「今年だから何もできない」ではなく「今年だからという体験」を、生徒たちに経験してほしいと思いました。
大桑村立大桑小学校 (長野県)
卒業アルバムの文化がない学校なので、子供たちに体験させてあげられるならとても嬉しいと思いました。
唐津市立七山中学校 (佐賀県)
小学校1年生から中学校3年生までの9年間をたった1クラス22名ですごしてきました。小中併設校の為、小学校の時のアルバムも作られていません。子供達の思い出をアルバムとして残したいと思い応募しました。
あおい町立本郷小学校 (福井県)
コロナ禍で今まであったものがいろいろなくなっている。陸上大会や県外への修学旅行など「今まではなかったけれど今年はある」というものがあれば、楽しくなるだろうと思います。
上野村立上野小学校 (群馬県)
今年はコロナ禍でアルバム制作の目途が立ちません。是非ご協力を頂けると助かります。
わかば支援学校ふじかわ分校 (山梨県)
今年卒業の中学部3年生に何か特別なことをしてあげたいと思いました。
岡山大学教育学部附属特別支援学校高等部 (岡山県)
コロナ禍で休校・修学旅行中止など大切な仲間と過ごす時間が短くなり大きなショックをうけた生徒たちへ思い出を心に刻めるアルバムを渡したいと考えています。
南種子町立平山小学校 (鹿児島県)
予定されていた修学旅行も延期になり卒業アルバム制作は断念せざるを得ないと考えていました。けれど何とか作ってあげて思い出をカタチに残し共有し続けることができればと思います。
内子町立石畳小学校 (愛媛県)
アルバム作りを悩んでいます。心に残るアルバム作りをしたいと思います。

<思い出づくりプロジェクト第2弾 企画趣旨>
全国の小学校 中学校 中等学校 高等学校 へ
「自分たちのアルバムは自分たちでつくろう」というコンセプトで、
コロナ禍で卒業アルバム制作を断念された学校へ卒業アルバムをお届け致します。
各クラスに1台「デジタルカメラ」を寄贈し、
生徒たち自身の手で学校生活の様子を撮影し、その写真で卒業アルバムを制作致します。
コロナ禍の収束がよめない状況で、学校現場では今年度修学旅行は全国の公立小中高校の15%が中止となり、
来年度からの行事も予定をたてることが出来ずにいます。
そんなコロナ禍だからこそ、今まで以上に子供たちの「思い出」を大切にしたいと考えています。

<活動実績>
「思い出づくりプロジェクト」第1弾~インスタントカメラ寄贈~2020年10月15日~2020年10月31日
「思い出づくりプロジェクト」弾2弾~卒業アルバムの無償提供~2020年11月13日~2020年11月30日

<問い合わせ先>
株式会社夢ふぉと 事業企画本部 (担当 太田)
Tel:06-4704-0373 
mail:oota@yumephoto.com