メニューを閉じる
無料お見積り・資料請求
0120-927-928 対応時間:9:00-18:00 (土日祝を除く)

インターンVoice

インターンVoice『髙橋くん2』

令和初のインターンVoice」
このタイトルの記事を書いてから7ヵ月が経過しました。

 

お久しぶりです!

2019年4月から約8ヶ月間お世話になりました、インターン生の髙橋です!

インターン生を卒業するので、色々学んだことなどを書き記していこうと思います!

 

働き初めに立てた目標 、達成はできたのか?????

僕は夢ふぉとで働くにあたり、「マルチにたくさんの仕事を経験する」という目標を立てていました。その時の記事はこちら

その気持ちを汲んでくださり、本当に様々な業務を経験させていただきました。

取り組んだ業務を簡単に抜き出すとこんな感じです。

●営業

・営業業務をサポートする資料作成

・卒業アルバム業界の市場調査、分析、提案

・就活生向け企画のプレゼン

(就活生の前でプレゼンしている自分)

 

●広報

・コンテンツ制作

・動画制作

・イベント出展サポート

・アプリの企画立案、作成

(イベントの出店準備と高阪さん)

 

●Web

・Webサイトのコンテンツ制作

・Webサイト分析

・Webページの改善提案

・Webページの企画

 

などなど

細かく挙げだすときりがないくらい様々なことをさせていただきました。

営業では「お客様に提案すること」広報では「人に分かりやすく伝えること」Webでは「お客様を想像すること」など、一つ一つで違う視点を持って業務に取り組んでいたので、一応マルチに経験することができたのではないかと思っております。

しかし、これは僕だからできたわけではなく、これだけの業務をただの一般大学生に任せられるように砕いて、渡してくださる社員さんがいるからこそできた業務です。

本当に社員さん、社長ありがとうございます。

 

思い出を扱う会社での思い出深い業務とは。

たくさん経験させていただいた中に、一番思い出深い業務があります。

それはアプリの企画提案、作製です。
就活生向けのアプリの提案で自分でプレゼン資料を作成したり、人を集めて調査したり、調査結果からプロトタイプをつくったりなどしました。社長直下で始まり、市場分析からアプリを作成するための市場調査などを経たのですが、今回は開発見送りという決断をしました。

長い時間をかけていただけに、夢ふぉとに対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ですが、この判断を受け入れてくれる環境があったおかげで、前向きに頑張ろうと思えました。そしてこの経験は僕にとって、決して無駄なことではなく、作製するまでの仮定にたくさんの学びがあり、今後にこの経験を活かしていきたいと思いました。

インターンを通して何を学んだんだ髙橋!!!


この8ヶ月でたくさん気づき、学んだことがあるのですが、今回は2つだけ書こうと思います。

一つ目は、【うまく伝えることができない原因に気付くことができた】ことです。
夢ふぉとでインターンを始める前から、自分に伝える力が不足していることは自覚していたのですが、なぜうまく伝えることができないのかの原因は分かっていませんでした。
しかし、あるときの会議でこんな失敗がありました。
自分が主導で会議を開いたのにも関わらず、自分の思っていることをうまく伝えられず、結果伝えたかったものと少しずれたニュアンスで伝わって企画の軸がブレるという失敗です。

この失敗がなぜ起こったのかを考えていると、無駄な情報をちょこちょこ会議中にだしてしまっていることに気がつきました。
この無駄な情報を追加してしまうことが、僕がうまく伝えることができない原因だったのです。
自分の悩んでいたものの原因が分かってからは、何かを伝える際に、何が重要で何が重要でないかの判別を行う視点を持って取り組む意識ができたので、これからも続け、判別の速度を上げていこうと思います。

(会議の際、情報を詰めすぎた資料)

そして二つ目、【企画書の奥深さ】を知りました。
企画書自体は大切なものだと認識していたのですが、 いざ自分が作ってみると詳細が浅くて、進めていくうちになにを目的に行っているのかがブレることがありました。
企画書一枚が色々な場面を左右する現場であったため、企画書の大切さを身に染みて理解しました。

この経験から、企画書を作る際は軸をブラさないように何が重要で何が重要でないかを判断し、企画書に組み込める力をつけるように努力していこうと思います。

 

株式会社夢ふぉとで働いて印象的だったこと

印象に残ることは本当にたくさんあります。その中で強いて一番を上げるなら、働いている人の雰囲気の良さです。みなさん接しやすく居心地がとても良かったです。居心地の良さを特に感じたのは、自分の仕事が詰まって、しんどい時に声をかけて下さったときで、とても助かりました。そして自分以上に大量の仕事をこなしている姿を見せてくれるので、自分がしんどいっていうのは違うなと思うことができ、前に進む力になりました。

(大量の仕事をこなすwebの宮本さん)

 

今後の展望について!抱負語ります。

生活の面では、来年から東京で初の一人暮らしをするので、まずは自立心を鍛えて強く生きていきたいと思います。自分の芯は東京に行ってもぶらさない!!

仕事の面では、夢ふぉとを通して得たたくさんの学びや気付きを活かして、活躍していきたいと思います!

 

最後に社内のみなさんへ

インターン生として夢ふぉとに来れて良かったです!!!

夢ふぉとに関わる社員さん、パートさん、社長、本当にありがとうございました!!

お世話になりました―――――!

(最後に社員さんとご飯会)