卒園アルバムや卒業アルバムを作るとき、写真のレイアウトに悩みませんか?
バランスよく写真を配置するのってなかなか難しいですよね。
今回は卒園卒業アルバムを作ってきたデザイナーが教えてくれたレイアウトの秘訣をご紹介。

 

Z字を意識すると卒アルのレイアウトがグンと良くなる

o0800029712094328767-600x222

ページにZ字をイメージして、その線を意識してポイントを作るとレウアウトが良くなるというものです。 これは卒園アルバムや卒業アルバム作りでとても役に立ちます!

もちろん手作りで作る切り貼りでもデータでの制作でも変わらず使えますよ。

 

左ページにZ字をイメージしてみよう

o0537060512094328237-532x600

まず、左ページの左上から右上まで、そして左下、右下と通ります。(この時右ページにはいかないでくだささい。)

 

 

イメージしたZにポイントを置いてみる

o0537062112094328236-518x600

Zの線の上の各所にポイントを置いてみます。基本は角、そして中心ですね。 このポイントは人が注目しやすいとされる場所になっています。

このポイントの場所に写真を配置してみましょう。

 

 

ポイントに写真を配置してみよう。

o0436058712094328235

このように配置してみました。

さて、実際に写真を配置して、ポイントを照らし合わせてみます。

 

o0496061512094328769-483x600

ポイントの場所には少し工夫をした写真を配置したりして少し崩してページ全体にリズムを作りましょう。

またポイントとなる場所は1枚の写真である必要は一切ありません。
写真のグループであってもいいのです。

 

逆の発想!Z線から外した箇所だけ崩してみよう。

o0449058412096066893

さて、次はZ線から外れた箇所だけ崩してそれ以外は綺麗に整列させてみましょう。

変化させるのはZ線から外れている写真で、傾けるだけでも効果があります。

o0513060112096066894-512x600

先ほどとは対照的に綺麗にまとまった中に人型に切り抜いた箇所がワンポイントになって堅苦しさがなくなっています。

 

さらにこの写真を人型に切り抜いてみましょう。

o0432059812096067127

このようになります。

同じ四角を並べるよりもワンポイントで人型に切り抜くとより目立ちますね。
でも他の写真が整っているので目立ちすぎもせずまとまります。

 

 

Z線を意識すればレイアウトはグンと良くなる

卒園アルバムや卒業アルバムの主役は写真ですから、写真の配置を一工夫すれば出来がググンと良くなることでしょう。
その工夫のひとつが「Z線」です。

このレイアウトの秘訣Z線を使って卒園アルバム、卒業アルバムにお役立てできたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner-onlineshoo blog%e7%94%a8 sotuen-banner sotugyo-banner

関連記事

ピックアップ記事

  1. 56_alpedia_手書きタイトル-01
    制作ソフトでは使える素材は限られてきます。 特にタイトル素材などの文字素材は学校や園によっ…
  2. 45_alpedia_並製本の仕様-01
    卒園アルバムや卒業アルバムの製本にはいくつか種類があります。 中でも大きく材質などが変わる…
  3. 44_alpedia_マスキングテープ-01
    データで卒園・卒業アルバムを作るときに使えるマスキングテープ素材を自分で作る方法をご紹介しま…

カテゴリー

ページ上部へ戻る