手作り卒園・卒業アルバム制作で曲線を綺麗に切れるのはどれ?


IMG_4987

卒園アルバム、卒業アルバムを手作りで制作する時に使うのが紙を切るツールですね。

代表的なものははさみ、カッターナイフ、デザインナイフでしょう。

今回はこの3つを比較してみたいと思います。

 

まずは切りたい線を紙の裏側に描く

IMG_4969

曲線を綺麗に切るならまずは裏に切りたい形に下書きをしてみましょう。

かなり切りやすくなると思いますよ。

 

とにかく切りやすいツール。はさみ

IMG_4975

はさみはやはり切りやすく使いやすいですね。
ただ、長い曲線を切るのは少し苦手で切りにくいと感じますが、簡単な曲線であればはさみで十分でした!

 

直線は得意なカッターナイフ、曲線は?

IMG_4981

直線ではダントツで切りやすかったカッターナイフですが、曲線は苦手なようです。
紙がクシャっとなってしまったりしてなかなかうまくきれませんでした。

 

さすが図画工作用、デザインナイフはよく切れて使いやすい

IMG_4984

デザインナイフは最近では100円均一でも取り扱うようになってきましたね。

カッターナイフと違って細かい曲線も切りやすいツールです。

なぞるように切れるのが特徴で、なれればはさみよりも簡単に切ることができるでしょう。

 

 

まとめ

最後に曲線を切るならどのツールを使うのがいいのか?ですが。

簡単な曲線ははさみ、細かい曲線や難しいものはデザインナイフを使うのがいいでしょう。

一度練習で使ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner-onlineshoo blog%e7%94%a8 sotuen-banner sotugyo-banner

関連記事

ピックアップ記事

  1. 56_alpedia_手書きタイトル-01
    制作ソフトでは使える素材は限られてきます。 特にタイトル素材などの文字素材は学校や園によっ…
  2. 45_alpedia_並製本の仕様-01
    卒園アルバムや卒業アルバムの製本にはいくつか種類があります。 中でも大きく材質などが変わる…
  3. 44_alpedia_マスキングテープ-01
    データで卒園・卒業アルバムを作るときに使えるマスキングテープ素材を自分で作る方法をご紹介しま…

カテゴリー

ページ上部へ戻る