らくらく制作ソフトの成長が止まらない!?

夢ふぉとが開発したらくらく制作ソフトのイメージ画像です アルバム作成ソフト

らくらく制作ソフトの誕生と今

インターネットが急速に普及しはじめて間もない2012年頃から、夢ふぉとはアルバム自動作成システムの開発をスタート

2013年にWEBブラウザで利用できる「らくらく制作ソフト」をリリースするやいなや、利用者数がぐんぐんと上昇。アルバムの作り方が3つある中で、今ではこのソフト制作がダントツで人気ナンバー1となっています。

ちなみに、他の2つの作り方とは、デザイナー制作切り貼り制作です。

「ところで、卒業・卒園アルバムって誰が作るの?」

アルバムは学校が用意するものだと思っている方が、まだまだ多いかもしれませんね。
でも実は、保護者さん学生さん自ら作る場合も増えているんです。

2学年を1クラスにしている学校

その理由としては、少子化によるアルバム単価の高騰や、先生の業務負担増など、学校がアルバムを用意することを諦めざるを得ない状況が挙げられます。

そこで、年賀状やフォトブックがソフトやアプリで手軽に作れるようになった今、その延長で「卒業・卒園アルバムも作りたい!」と考える方が増えているようです。

らくらく制作ソフトMyselfの登場

夢ふぉとは、時代の流れに沿って「らくらく制作ソフト」のアップデートを続け、2017年には注文から納品までがオンラインで完結するワンストップ型「らくらく制作ソフトMyself」も誕生させました。

「らくらく」なだけでなく、料金も抑えて高品質低価格なプランをという想いも込められたアルバム制作ソフトです。こちらは、Myselfコースでご利用いただけます。

最近では、コロナ禍も加わり、仲間と会わずにリモートでアルバムが作れるらくらく制作ソフトらくらく制作ソフトMyselfの需要がさらに高まっています。

複数同時ログイン機能搭載

らくらく制作ソフトの利用イメージ

夢ふぉとのアルバムは、見開き1枚をドーンと使用してダイナミックなデザインができるのが大きなポイント!つまり、ページ数でいうと2ページ分

ページ分担設定                                 

分担はとってもかんたん!管理者(いわゆる代表者)さんが、他の制作担当者さんを登録して、2ページずつ振り分けるだけ。

設定画面のイメージ

らくらく制作ソフトでのページ分担設定方法はこちら

らくらく制作ソフトMyselfでのページ分担設定方法はこちら

グループチャット機能                                

グループチャットの使用イメージ

複数人で同時にログインしているときは、リアルタイムチャットができます。たとえば、深夜にひとりで制作していた場合でも、編集内容を保存してから伝言メモをチャットしておけば、次にログインした人が確認できるので便利です。

管理者さんが個別に設定した専用のアカウントを利用できるので安心です。同じアカウントで同時にログインすると、エラーが発生しますので、ご注意ください。

スマホ・タブレットからも写真のアップロードOK!

パソコンが無くても写真のアップロードがスマホ・タブレットからできる!

らくらく制作ソフトパソコンのみ編集可能です。でも、写真のアップロードだけならスマートフォンタブレットからでもOK!

大量のアップロードには通信料がかかるので、Wi-Fi環境下で行いましょう。

らくらく制作ソフトでの写真アップロード方法はこちら

らくらく制作ソフトMyselfでの写真アップロード方法はこちら

初めての方でも安心なデザインセット機能

デザインセット機能の使用イメージ

アルバム作りで肝になるのが写真のレイアウト1から考えるのが難しいと感じる方には、このデザインセット機能がおすすめです。ボタンをクリックするだけで、お好みの雰囲気枠数のレイアウトが一発で表示されます。それをそのまま使うもよし!参考にして手を加えるもよし

制作途中のページに、この機能を使用すると前データが上書きされてしまうので注意が必要です。

お気に入りのデザインをそのまま!レイアウト複製機能

レイアウト複製の使用イメージ

今年のアルバムをそのままレイアウト複製することで、次年度の制作時間が短縮できます。この機能のポイントは、写真だけが消えた状態で複製される点です。特に、学校や園の先生が作る場合には、同じ画面で前回のレイアウトを参考にしながら作れるのでらくちんです。

※らくらく制作ソフトでのレイアウト複製は弊社にご依頼ください。

※らくらく制作ソフトMyselfでのレイアウト複製方法はこちら

個人写真ページの氏名欄などのテキストはそのまま複製されるので、打ち直しが必要です。

AIによる登場回数カウント機能

登場回数カウント機能の使用イメージ

長い間、ご要望の多かった機能がこれ!最近では、アルバムの登場回数でトラブルになることも多いようで、早期解決が望まれていました。

両制作ソフトの編集画面から、ボタン一つで呼び出せる機能です。個別に個人写真を登録することで、AIがそれぞれの登場回数カウントしてくれます。

※らくらく制作ソフトでの登場回数カウント機能はこちら

※らくらく制作ソフトMyselfでの登場回数カウント機能はこちら

まとめ

お客様のご要望を取り入れながら、毎年成長しているらくらく制作ソフト。これからも、より使いやすく、デザインや機能も豊富になっていくことでしょう。
選んだコースでご利用いただけるソフトは異なりますが、どちらのソフトも同じようにバージョンアップされますので、ぜひご期待ください!
ご注文前に無料で全部のお試しをご希望の場合は、らくらく制作ソフトMyselfがおすすめです。

らくらく制作ソフトMyselfに無料で会員登録して全機能を試す

タイトルとURLをコピーしました