10年後へのメッセージページのアイデア

卒業アルバムでは、将来の自分へのメッセージ書いて卒業アルバムに載せるページアイデアがあります。
今や定番となりつつあるこのページアイデアのレイアウト例と作り方のコツをご紹介。

 

メッセージページの作り方のコツ

34_alpedia_10年後-03

メッセージページを作る際にはメッセージに何を書くかです。
今回は「10年後の自分へのメッセージ」としてありますが、このようにテーマを作ると書きやすいでしょう。

この時、メッセージに名前も書いてもらうようにすると良いです。
デザイン・レイアウトの時に名前を入力する手間が省けます。

 

メッセージカードのサイズは計算しておく!

メッセージを書いてもらう紙のサイズはあらかじめ計算しておきましょう。
計算といっても人数とページ数がわかれば大丈夫です。

人数をページ数で割って1ページあたりの人数を出します。
後はA4用紙をその人数分区切っていきます。

 

1ページに最大24枚のレイアウト(これが限界!)

34_alpedia_10年後-04

1ページに載せることができるメッセージカードの大きさの限度は24枚でしょう。
この場合メッセージカードのサイズは5cm*5cmで名前と一言くらいしか書けないので注意しましょう。

どうしてもページ数に余裕がない場合以外は次の1ページ最大18枚レイアウトにとどめましょう

 

 

1ページに最大18枚のレイアウト

34_alpedia_10年後-02

1ページに18枚のメッセージカードがベターです。
この場合のメッセージカードのサイズは7cm*6cmくらいでこれなら2~3行ほど入りますね。
2ページで36名まで入るので1クラスもいれやすいです。

 

メッセージカードは切り分けて各自で書いてもらおう

サイズに近いサイズのメッセージカードを買ってくるのもよいですが、一番は少し厚めの画用紙を切り分けるのが良いでしょう。
後は各自で書いて集め、並べるだけです。

 

 

 

この記事もおすすめです