Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yphoto-web/yumephoto.com/public_html/alpedia/wp-includes/post-template.php on line 284

らくらく制作ソフトでの扉ページの作り方【応用編】

今回はらくらく制作ソフトで作る扉ページの応用編ということで、扉ページに園歌、校歌を入れるパターンを作ってみましょう。

 

卒アル制作ソフトで作る園歌、校歌が入る扉ページの作り方

⒈園歌や校歌を入力し、フォントやサイズを設定する

らくらく扉応用1

扉ページ編集モードに切り替えたら、園歌を入力欄に入力してフォント、フォントサイズ、段落を設定します。
縦書きにしたい場合は段落のところを縦書きにして決定を押せば縦書きになります。

縦書きの場合は基本上揃えにすると見やすいので上揃えがおすすめです。

 

2.園名、学校名、園歌のタイトルなどを入力しよう

らくらく扉応用2

一旦別のところをクリックして選択を解除します。
(文字が四角でかこわれている場合は外側のグレーの部分をクリックして囲われてない状態にします。)

選択が解除できたら園名、学校名、園歌のタイトルなどを入力して決定をクリック。

 

3.配置して大きさを調整したら完成

らくらく扉応用3

あとは好きな位置に配置をすれば完成です。
今回はページの中央に配置したかったので中央に配置しました。

中央への配置の仕方は、こちらの記事を御覧ください。

卒アルらくらく制作ソフトでページの中央に文字を配置する方法

 

作詞者、作曲者を入れる場合は文字の大きさを園歌より
やや小さめにするとキレイにまとまるのでおすすめです。

 

今回の応用編での園歌・校歌と通常の学校名・園名と卒業年月がデータ制作では最も多いです。

 

 

この記事もおすすめです