心の温度を1℃上げる
アルバム制作会社です

メニュー

Googleフォト(クラウドストレージ)は移行不要!?

2021 年 6 月 1 日から、Googleサービスに関わるポリシーの変更が適用になりました。「Googleフォト」はまさにその新ポリシーが適用される対象サービスです。

Googleサービスに関わるポリシーの変更点

  • 今後は、「Googleフォト」「Gmail」「Googleドライブ」の3つのサービスで容量を共有することになります。
    一度、ご自身のサービス利用状況を確認されてみてはいかがでしょうか?

    Googleサービス一覧を確認できる場所の画像です
  • ここからは、スマホで確認できる「Googleフォト」の新ポリシー詳細から、写真整理におすすめの設定方法など、画像付きで説明していきます。

    Googleフォトユーザーが確認すること

    Google Photos から届いているメールを確認しよう!

    1. Gmailを開いて検索窓に「Googleフォト」と入力してメールを検索

      Googleフォト>「設定」>「ストレージを管理」からも進めます。

      Gmailの検索方法の画像です
    2. Google Photos 「Googleフォトのストレージに関する重要なお知らせ」というメールを開く

      「Googleフォトのストレージに関する重要なお知らせ」のスクリーンショットです
    3. メールを下へスクロールして、「使用状況に基づく見積もり」をタップ

      「Googleフォトのストレージに関する重要なお知らせ」のスクリーンショットです
    4. 「Googleフォト」のストレージ管理画面が開くので、自分の保存容量を確認

      *現在6歳のお子様が生まれた時からのユーザーさんでも 4 年分以上の保存容量が残っていました!

      Googleフォトサイトの「ストレージの管理」画面のスクリーンショットです
    5. そのまま下へスクロールし、写真の使用容量における内訳を確認

      *それぞれタップすることで削除画面に移動できます。

      Googleフォトサイトの「ストレージの管理」画面のスクリーンショットです
    6. さらにスクロールして、「その他の提案」>「アイテムを確認」をタップ

      *Googleアカウントの保存容量15GBのうち、写真以外に保存しているモノの削除を提案しています。

      Googleフォトサイトの「ストレージの管理」画面のスクリーンショットです
    7. アカウントの保存容量の管理ページが開くので、いくつかに分類された不要なアイテム候補を確認

      *下まで見終わったら、上に戻って「←」をタップ

      Googleアカウントの「保尊容量の管理」画面のスクリーンショットです
    8. ストレージ管理ツール「Google One」が開くので、使用中の容量を確認

      *それぞれの行をタップすることで削除画面に移動できます。

      Google Oneを開いた画面のスクリーンショットです
    9. 下にスクロールし、Googleアカウントの4つの使用用途をそれぞれ確認(下向き矢印をタップ)

      *8番で確認画面で容量を圧迫していた用途があれば、特にそれを確認してください。

      Google Oneの「保存容量の用途」を説明した画面のスクリーンショットです
    10. 1つ目は、「スマートフォンのバックアップ」

      *AndroidとiOSによってバックアップできるものが異なります。

      Google Oneの「用途1」を説明した画面のスクリーンショットです
    11. 2つ目は、Googleフォトのメディアを同期

      *同期:クラウド上とスマホのデータを一致させること
      *ここで「高画質」設定なら容量無制限だったものが上限15GBになりました。

      Google Oneの「用途2」を説明した画面のスクリーンショットです
    12. 3つ目は、「Googleドライブにファイルを保存」

      *Googleサイトで作成したファイルと、それ以外で作成したファイル(PDFなど)が保存できます。

      Google Oneの「用途3」を説明した画面のスクリーンショットです
    13. 4つ目は、「Gmailで添付ファイルを共有」

      *メール自体も、添付メールの添付ファイルも15GBの容量に含まれるので、不要になれば削除しましょう。

      Google Oneの「用途4」を説明した画面のスクリーンショットです
    14. さらに下にスクロールして、自分に合ったGoogle Oneプランを確認

      *現在、15GB(無料枠)に収まっていても、1つ上のプランをお勧めしているようです。

      Google Oneがおすすめするプランを説明した画面のスクリーンショットです
    15. プランを確認したら、8番の画面まで上にスクロールして「Googleフォト」をタップ

      *あくまでも、おすすめプランなので契約必須ではありません。

      Google Oneのおすすめのプランを見分ける説明をした画像です
    16. 「Googleフォト」サイトが開くので、メニューから「設定」を選択

      *現在、「高画質」は「保存容量の節約画質」という名称に変更になっています。

      Googleフォトの設定画面のスクリーンショットです
    17. 下にスクロールして、設定の種類を確認

      *写真整理に便利な機能も、オフのままでは使用できません。

      Googleフォトの設定「候補」の画面のスクリーンショットです
    18. 「候補」>「アーカイブの候補」をタップしてオン

      *アーカイブ写真は非表示になりますが、メニュー>「アーカイブ」からいつでも見られます。

      Googleフォトの設定「候補詳細」画面のスクリーンショットです
    19. 「似た顔をグループ化」をタップ

      *写真の検索が楽になることで、不要な写真も見つけやすくなります。

      Googleフォトの設定「似た顔をグループ化」画面のスクリーンショットです
    20. 「フェイスグルーピング」をタップしてオン

      *いつでもオフにできます。
      *フェイスグルーピング詳細

      Googleフォトの設定「似た顔をグループ化詳細」画面のスクリーンショットです
    21. メニュー>「データの検索」を表示

      *人物の写真をタップすると、それぞれ「名前の追加」ができるようになります。

      Googleフォトの設定「データの検索」画面のスクリーンショットです
    22. 下にスクロールして、「カテゴリ」を確認

      *写真データが大まかに分類されているので、検索に便利です。

      Googleフォトの設定「データの検索」内カテゴリの画面のスクリーンショットです
    Check point!

    無料かつ容量無制限のストレージサービスが無くなったいま、写真データを自動で仕分けてくれる機能を使わない手はありません。今後のためにも、今のうちから設定などを見直しておきましょう!
    「Pixel」の一部端末では、6月1日以降も無料で容量無制限のストレージが利用可能な場合もあるようです。今後の情報に注意してください。